Sombra ソンブラ

¥8,800 (税込)

2006年に初めてアメリカに輸出されたソンブラ・メスカルは、メスカルの歴史が刻まれた地域であるサン・ファンとサン・ルイス・デル・リオでアガベ・エスパディンを使って作られました。2017年現在、ソンブラは持続可能性を重視し、1つの直営パレンケで生産しています。オアハカ州サン・フアン・デル・リオの山の高台で有機栽培されたアガベを使用しています。Sombraブランドは、多くのユニークなカクテルの主役です。ミックスドリンクに適していますが、ストレートで飲むと、柑橘系の香りが口の中を温め、後味はすっきりとした果実味が特徴です。

2020年には、メスカルを飲むための一般的な容器であるヴァソ・ヴェラドーラを模したボトルデザインとラベルにリニューアルしました。

注目すべき受賞歴

2016年SFスピリッツ・コンペティションでダブルゴールドメダル受賞
ソンブラ メスカル

Sombraはスペイン語で “影 “を意味します。このブランドは、有名なソムリエでありワイン愛好家でもあるリチャード・ベッツ氏の情熱的なプロジェクトとしてスタートしました。2017年3月、ダヴォス・ブランズ社は、ソンブラ・メスカル・ブランドの支配権を取得しました。リチャード・ベッツ氏は引き続き少数株主であり、現在のグローバル・ブランド・アンバサダーを務めています。

2017年、ソンブラは、環境に配慮した生産方法を重視し、独自のパレンケを所有・運営する数少ないメスカルブランドのひとつとなりました。例えば、アガベの粉砕には、動物の労働力としてロバを使うのではなく、ソーラーパワーの石臼を使用しています。さらに、「ソンブラ・アドビ・ブリック・プロジェクト」では、蒸留で残ったアガベの繊維を使ってアップサイクルのレンガを作り、それをメキシコの地震被害者のための住宅建設に使用しています。

表示は一般会員向け標準小売価格です。プレミアム会員にご登録いただくと割引価格(20-30%オフ)でご購入頂けます。

説明

Sombra Mezcalは、オアハカ近くのSan JuanとSan Luis del Rio近くの山々より最大8,000フィートの高さでエスパディンアガベを収穫します。

San Francisco World Spirits Competition 2016 double cold 受賞